2012年12月28日

今年最後の投稿

クリスマスも終わり、年末の大仕事ですね。

アロマカードケースに使える名刺の印刷手法についての説明を少しします。
今まで一部のインクジェットプリンタで印刷したものがOKでした。

で一部のというのがようやく表現できるようになりました。

顔料を使用しているインクジェットプリンターでの印刷物は使用可です。
但し、紙質を選ぶかもしれませんが、、、、

というわけで、
オフセット印刷→◎
インクジェット印刷(顔料)→○
インクジェット印刷(染料)→×
レーザー印刷→×

というふうになります。
キャノンさんでは、iX7000、PRO-1、PRO-10
です。

バタバタしてまして、今年最後の投稿になるかもですが、有難うございました。
来年はさらにいろいろ挑戦しようと考えています。宜しくお願いします。
posted by なんにもしませんむ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月14日

クリスマスオレンジ4

今回はクリスマスもちかいので、実際にクリスマスオレンジを使っていただいたサロンさんの紹介とそのクリスマスオレンジの感想を!

日本産アロマでキレイになる!リラクゼーションサロン
森の香りセラピールームRanka (ランカ)さん

で使っていただきました。
早速届いた声を
*****************************
ミルラやフランキンセンスが入ることで、
好き嫌いが分かれる香りかなと思っていたのですが、
シナモンの甘さが引き立っているので好感を持つ方が多いようです。

ホホバオイルに1%混ぜて肌に塗布してみました。
はじめはシナモンの香りがたち、
あとから伊予柑の香りを感じます。
伊予柑とスパイスの香りがこんなにマッチするなんて驚きです。
肌にハリが蘇る感じがします。
*****************************
流石です。わかりやすい表現をするなーと感心です。。。

日本産アロマにこだわりを持たれたサロンオーナーの河西さんのブログはこちら
↓↓↓↓
http://ameblo.jp/ranka-relaxation/
★ご予約はお電話で★ 
森の香りセラピールームRanka (ランカ)
042−726−5853(10:00〜20:30)


さて予告していました、Jewelry Treeとアロマディフューザーについて
Jewelrytreeとアロマディフューザーを一緒にしたものです。
私の大先輩が商品化したものです。
芳香拡散器というより、アクセ滅菌機に近い感覚です。
主にピアスやリングをひっかけて、ユーカリ、ティートゥリー、ペーパーミント、ローズマリーなどの抗菌抗真菌効果の高い精油を用いて、ご愛用のピアスなり、リングに抗菌抗真菌の作用を期待しているものです。普段みにつけるものだから、清潔に保ちたいですよね。作り手としては、ご自慢のアクセを清潔に保って、より綺麗でいてくださいね、というメッセージを送っているつもりなのですが、なかなか声が届かない様子。
本当は、12月の上旬ごろ気の利いた男性から女性に一先ずクリスマス雰囲気を味わってねと送っていただき、イブの日に香りはイエスに捧げて、アクセは女性に捧げていただければ嬉しいんですけど。。。。でそのアクセをJewelryTreeにかけて見た目にも楽しんでいただければ嬉しいです。
20代30代の男性が読んでいただければ良いのだが、、、
posted by なんにもしませんむ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年12月07日

クリスマスオレンジ3

パッケージ

今回はパッケージについて

パッケージデザインは小生”なんにもしませんむ”がしました。
design楽しいですね。
(クリスマスオレンジのロゴはアートエクスプレスさん、ですが。)

グランドデラックスさんの松本さんの仕事が良く、媛香蔵のロゴが良くできているから、素人デザインでもそこそこ見れるかと思います。やっぱりプロの方はすごいなと感心です。

このオイルは、クリスマスイブに大事な方と聖なる夜を迎えていただき、イエスの事を少し思い、いろんなものに捧げるように炊いていただきたいなと思っています。

最近では、サンタさんのイベントでもありますよね。サンタさんはグリーンランドにいたりフィンランドにいたりとしているようですが、どうなんしょうか?

小生なぜか、グリーンランド(デンマーク)と関連づけてしまい、クロスを使いたかったので、デンマークの国旗を意識して星をちりばめて、そして一つだけ黄色の星にしています。あまりわからないでしょうか、、、

クリスマスweekの夜に炊いていただきたいです。
posted by なんにもしませんむ at 22:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記